人生の中で役立つ、トラブル対応の力となってくれる保険

保険を見直すことで安心して暮らせる

見直しのタイミング

なぜ保険見直しが必要なのか

日本人の多くが、何らかの保険に加入している現代です。生命保険や医療保険、年金や学資保険など、種類はさまざまあり、それぞれに、加入したタイミングや意図はあったと思います。 では、一度加入すれば、そのままで良いかというと、決してそうではなく、定期的に保険見直しをしてみることは必要です。人の人生は、決して平坦なものではなく、お金が必要なタイミングや、リスクが大きくなるタイミングというものがあるはずです。保険は、そうしたタイミングで補えるものであるべきで、逆に言うと、ただかけておけば良いというものではなく、必要以上のものをかける必要はありません。保険は、返ってくるものと返ってこないものがあり、返ってこないものであったとしても、必要なかけ金はあるものです。この必要性を考える時に、人生の節目節目で、本当にいま、必要なかけ金なのか、ということを再考し、保険見直しをしてみることで、無駄な支出をおさえながらも、保険を意味のあるものとすることができるのでしょう。

どのように見直すのか

では、保険見直しをしようとする時、どうすれば良いのでしょうか。誰に、どこで相談すれば良いのでしょう。もちろん、いま、加入している保険会社の営業マンに相談して、プランニングすることも有効な手段ではありますが、きっと、その会社の商品内での選択となるでしょう。それでも良いのですが、最近のトレンドとして、保険の窓口といって、1つの会社だけではなく、様々な会社の商品を公平な目でみて判断し、相談にのってくれる場所もあります。やはり、保険は、どこかの会社というより、それぞれの商品を比べてみて、自分にぴったり合うものを探すべきであり、その選択肢を多く提示してもらえるこのような場所は、保険見直しの際には、有効な場所であるのでしょう。