保険料について | 人生の中で役立つ、トラブル対応の力となってくれる保険

人生の中で役立つ、トラブル対応の力となってくれる保険

保険を見直すことで安心して暮らせる

保険料について

自動車保険の平均価格は車の種類によって大きく違います。普通自動車ですと約8万弱、軽自動車になると安くなり約5万弱になります。自動車には自賠責保険の加入義務があるのでここでの保険の平均額は任意の保険料になります。事故をおこした場合、どうしても自賠責の保障だけではまかないきれない場合が多く、任意の保険加入がどうしても必要になってきます。 加入方法は代理店を通して加入する場合とWEB上で加入手続きをとる通信販売にわかれています。代理店を経由して加入した場合はどうしても支払い総額が高めになります。支払う総額を押さえたいのであればWEB上で加入手続きが完了する会社がお勧めです。ただ、いざ事故を起こしてしまったときに顔見知りの代理店の方がいるのは心強いものです。

三井住友海上は損害保険会社では大手になります。販売手法は代理店を通しての販売ですので、保険料はWEB販売に比べて高めになります。それでも加入者の割合は多く、WEB販売の会社をしのいでいます。やはり、大手だという安心感があるからでしょう。それに、いざ事故にあったときの対応も口コミサイトでは上位にランクしていることも一因かもしれません。また、三井住友海上独自の割引制度も充実しており支払い総額を抑えることができます。安心感を買うと考える方であれば代理店経由の販売をしている三井住友海上のような会社がお勧めです。保険の契約内容も他では保障されにくい自転車や電車等の交通乗用具でも事故の補償範囲に加えることができます。また、三井住友海上の保険料は他の代理店販売の会社と比較した場合、通信販売程ではありませんが安いほうに入ります。